0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu

【認知特性に適した勉強法】6つのタイプ別に向き不向きを見極めて学習の効率UP!

「学校の授業についていけない」「成績の良い友人と同じ方法で勉強しているのに理解できない」「どうしても覚えられない」など、学習面の悩みは多くの人がぶつかる問題でしょう。これらの問題は認知特性によるものの可能性が高いです。

人それぞれ性格や趣味趣向が異なるように、学習方法も全ての人に共通して効果があるとは限りません。

この記事では、認知特性に合わせた勉強方法を詳しく解説します。効率良く学習を進められるようにぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

認知特性とは

認知特性とは、五感で取り入れた情報を脳の中で整理・理解する能力のことで、生まれながらに備わった個人の特質です。物事の理解に至るまでの経路の違いによって、「視覚優位者」「言語優位者」「聴覚優位者」の3つに大きく分類されます。

誰もが持つ得意・不得意はこの性質が大きく関係しているため、自分の認知特性を理解して、それに合った方法で勉強することが大切です。

認知特性の6つのタイプ

上記で説明した3種類の認知特性は、さらに下記の6つのタイプに分類されます。

  • 【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ
  • 【視覚優位者】三次元映像タイプ
  • 【言語優位者】言語映像タイプ
  • 【言語優位者】言語抽象タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚言語タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚&音タイプ

必ずしも一つの認知特性にだけあてはまるわけではなく、複数の特性を掛け持っている人もいるので、あくまで傾向として判断してください。

それぞれのタイプについて解説していきます。

【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ

写真タイプの人は、カメラで写真を撮るように平面物事を考えて記憶しています。何かを思い出す時は、頭の中にしまっているアルバムを見る感覚で鮮明にイメージができるでしょう。

目で見た情報の処理をする能力が高いため絵を書くことも上手で、フォトグラファー・画家・デザイナーなどの職業の人に多く当てはまります。

【視覚優位者】三次元映像タイプ

三次元映像タイプは、二次元ではなく空間と時間軸をプラスして三次元で物事を記憶することに長けています。立体的に捉えて思考するため、人の顔を正確に覚えており変化にもすぐ気づけるタイプの人です。

平面画像ではなく動画のようにストーリー性のある映像で理解しているので、初めて行った場所でも道をよく覚えていて迷うことは少ないでしょう。建築家・映像クリエーターなどの職業の方に多いタイプです。

【言語優位者】言語映像タイプ

言語映像タイプの人は、文字や文章を頭の中で映像に変換して理解しています。反対に、映像として目で見たものを言葉で表現することも得意で想像力が豊かな人が多いです。

言語機能が活発な左脳とイメージをつかさどる右脳を良いバランスで使うことができ、作詞家・絵本作家・コピーライターなどに多く見られます。

【言語優位者】言語抽象タイプ

言語抽象タイプの人は文字や文章を図に変換し、物事を整理・明瞭化して情報を理解しています。文字だけでなく、時系列や相関図などを付け加えてノートを分かりやすく上手に書ける人が多いです。

文字を読んだり書いたりすることが得意で、作家や教師などに多いタイプです。

【聴覚優位者】聴覚言語タイプ

聴覚言語タイプの人は言葉を聞く力に突出していて、言語や話の内容を音として情報処理する能力が優れています。文字で読んで曖昧なことでも、耳で聞くと理解できるタイプです。読書は苦手で、自分で読むよりも人から読み聞かせてもらった方が楽しめるでしょう。

また、人との会話をメモなしで記憶することも得意です。アナウンサー・落語家の人はこのタイプに属するでしょう。

【聴覚優位者】聴覚&音タイプ

聴覚&音タイプの人は、音色や音階を識別する力が秀でています。歌詞よりも先にメロディーが頭に入り、一度聞いた音をそのまま再現できるので、動物の鳴き声などのモノマネが上手な人が多いです。

絶対音感を持っている人はこのタイプに当てはまり、音楽家に多く見受けられます。

【タイプ別】認知特性に適した勉強方法

上記で認知特性の違いを説明しましたが、それぞれのタイプが異なる強みを持っているので、同じ方法で勉強しても効率が良くないのは明らかでしょう。

どんなに時間をかけて学習しても思うような成果が出なかったのは、この点に理由があるのかもしれません。

ここからは、認知特性を活かして取り組める勉強方法をタイプごとに紹介します。

写真(カメラアイ)タイプにおすすめの勉強法

写真タイプの人は、見たままを写真のように記憶できるのでイメージと一緒にして覚える方法が有効的です。

文字だけを見たり読んだりして理解するのは苦手なので、絵や写真を付け加える工夫をすることで頭に残りやすくしましょう。英単語であれば、その意味をイラストにすることで記憶に定着しやすくなります。

三次元映像タイプにおすすめの勉強法

空間や時間軸などを用いて理解する三次元映像タイプの人は、覚えたい情報に周辺の環境をプラスして記憶するようにしましょう。覚えた時の状況・その場にいた人などを一緒に連想できると思い出す手助けになります。動画の利用も効果的です。

また、エピソードを記憶することが得意なので、歴史の年号はその年にあったことや登場人物などを合わせて暗記するようにしましょう。

言語映像タイプにおすすめの勉強法

言語映像タイプの人は、目で見た文章を映像にして記憶する力があるので絵と一緒に覚える学習法がぴったりです。

歴史であれば語呂合わせをして状況をイメージしたり、英単語であればその言語を使う場面を具体的に想像したりするとより覚えやすくなります。

また、想像したイメージを一度絵にすることでさらに覚えやすくなるでしょう。

言語抽象タイプにおすすめの勉強法

言語抽象タイプの人には、覚えたいことを分かりやすく図式化してノートに細かくまとめる方法が適しています。英単語も漢字も、繰り返し書いて覚えるのがおすすめです。

また、「メモを取る場所」「キーワードを記す場所」「全体の要約を書く場所」の3つにノートを分けて利用する「コーネル式ノート術」もぴったりでしょう。

聴覚言語タイプにおすすめの勉強法

聴覚言語タイプの人は、とにかく耳を介した学習方法を選びましょう。何度も同じ単語を書くよりも、音として何度も聞く方が記憶に定着しやすいです。英語の発音も映画を見たり洋楽を聞いたりすることで苦労せず身につきます。

おすすめはリスニング教材。リスニング教材を使用すれば通学に要する時間も有効活用できます。

聴覚&音タイプにおすすめの勉強法

聴覚&音タイプの人は音色や音階を識別する力があり、音をそのまま記憶できる才能を持っています。そのため、言葉や文章にリズムや抑揚をつけながら読んだり歌ったりして勉強するのがおすすめです。

替え歌を作ってメロディーを口ずさむと覚えやすくなるので、キャッチーに感じるメロディを見つけると勉強がはかどるでしょう。

まとめ:認知特性は個人で異なる!タイプに合わせた勉強方法で効率を上げよう

人にはそれぞれ異なった個性があるように、物事の理解のしかたも一つではありません。正解へたどり着く手段には向き・不向きがあります。それこそが認知特性です。

評判の良い勉強方法でも自分には合っていないと感じることがあるのは、この認知特性が関係している可能性があります。自分の認知特性に合った学習方法を選択できれば、今まで苦手だと思っていた分野でも比較的スムーズに勉強を進めていけるでしょう。

認知特性を活用して、自分にとって効率の良い勉強方法を見つけてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ