0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu

【認知特性から向いている仕事が分かる?】6つのタイプ別に適職をご紹介!自分の才能を見極めよう

「どの仕事に就いても続かない」「仕事が向いていないのかもしれない」とストレスを抱えている方は多いのではないでしょうか。

その悩みは認知特性を知ることで解決に近づくかもしれません。なぜなら、認知特性が分かれば自分に生まれつき備わった才能とも言える強みを知れるため、時間をかけずに適職を選択することができるからです。

この記事では、認知特性のそれぞれのタイプに適した職業を紹介します。仕事を選ぶ際の参考にして、自分の特性を活かした人生を送りましょう。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

認知特性とは

認知特性とは、目で見る・耳で聴く・鼻で嗅ぐなどの五感で得た情報を脳の中で整理・理解する能力のこと。簡単に言うと、自分が物事を考える時の癖のようなものです。この特性は人間が生まれつき持っている性質で、個人個人に違いがあります。

自身の性質・傾向を思い浮かべた時、たいして努力をしなくても自然に上手にできること・いくら頑張ってもなかなか成果が出ないことがあれば、認知特性が作用している可能性が高いです。

認知特性のタイプは6つに分けられる

認知特性は「視覚派」「言語派」「聴覚派」の3つをベースにして、さらに細かく以下の6種類に分類されます。

  • 【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ
  • 【視覚優位者】三次元映像タイプ
  • 【言語優位者】言語映像タイプ
  • 【言語優位者】言語抽象タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚言語タイプ
  • 【聴覚優位者】聴覚&音タイプ

一つのタイプが突出している人もいれば、複数がバランス良く混在しているケースもあります。下記でそれぞれの特性について細かく解説するのでぜひ参考にしてください。

【視覚優位者】写真(カメラアイ)タイプ

写真(カメラアイ)タイプの人は、メラで写真を撮るようにして二次元で物事を理解します。

視覚で確認したものを写真を撮るようにして記憶にインプットしているので、何かを思い出す時は頭の中から一枚の画像を探すような感覚です。教科書を丸暗記できる人がこのタイプに属するでしょう。

【視覚優位者】三次元映像タイプ

三次元映像タイプの人は、写真タイプに空間と時間軸を加えて三次元で物事を理解・記憶します。立体的な映像として情報を処理するので、正確に人の顔を覚えることが得意です。

また、間取りを見ただけで部屋を立体的にイメージできます。時系列を把握する力も冴えていて、昔の記憶を順番に時間を追うように説明できるという点も特徴的です。

【言語優位者】言語映像タイプ

言語映像タイプは、目で見た言葉・章を映像化してから思考・記憶します。言語を映像化することも、反対に映像を言語として表現することも得意で、右脳と左脳のバランスが取れているタイプの人です。

文章から鮮明なイメージをして頭の中ですぐに理解できるので、読書が好きな人が多くいます。

【言語優位者】言語抽象タイプ

言語抽象(辞書)タイプの人は、言葉や文章を分かりやすく図式化してから思考します。授業ではノートを取るのが上手で、先生の話の内容・板書・教科書を数字や図と結び付けてまとめることが得意です。

鮮明なイメージをしようと努力するよりも、時系列や相関図として覚えるように心がけると勉強がはかどります。

【聴覚優位者】聴覚言語タイプ

聴覚言語(ラジオ)タイプの人は、文字や言葉を音に転換して情報処理しています。授業を聞いただけで覚えられるタイプで、見たり読んだりするよりも耳から情報を取り入れた方が容易に理解が可能です。

そのため、勉強方法としては音声教材の使用が適していて、とにかく耳を介する手段で学習すると効率良く進められます。音声教材であれば通勤・通学の時間の有効活用も可能です。

【聴覚優位者】聴覚&音タイプ

聴覚&音(サウンド)タイプの人は、音色や音階を認識する力が卓越しています。絶対音感を持っている人はこのタイプに属し、一度聞いた音をそのまま再現できるのでモノマネが上手な人が多いです。

外国語の発音も上手で、意味が分からなくてもそのまま音として声に出せる能力があります。暗記をする際は替え歌を利用すると効率が良いです。

自分に合う仕事は何?認知特性の特徴から分かる適職

現在の職業が合っていないのではないかと悩んでいる方は、自分の認知特性を活かせていないだけかもしれません。

人には好きだけど上手にできないこともあれば、興味はないのにスムーズにできることもあります。嫌いだと思っていたことでもチャレンジしていないだけで、実は向いている場合もあるでしょう。

それぞれの認知特性の特徴を生かせる職業を下記で紹介するので、選択の際にぜひ参考にしてみてください。

写真(カメラアイ)タイプの適職

写真のように平面で思考する傾向がある写真(カメラアイ)タイプの人は、目で見た情報の処理がうまくできるため「絵心がある」と言われる人が多いです。

一度見たものをイメージとして記憶しておける能力があり、下記のような仕事が向いています。

  • 写真家
  • 画家
  • デザイナー

3次元映像(3D)タイプの適職

文章や言葉を3次元で記憶・思考する3次元映像タイプの人は、物事を立体的に考えられクリエイティブな能力を持ち合わせています

発想力が豊かなので、何かを一から創造するような下記の仕事が適しているでしょう。

  • 建築家
  • パイロット
  • 外科医
  • テレビカメラマン
  • 映像クリエイター
  • 舞台制作者

言語映像タイプの適職

文字や文章を脳の中で映像化してから思考する言語映像タイプは、言語から鮮明なイメージを抱けたり映像を言葉にして表現したりできる人が多いです。

文章を書くことも得意なので、下記のような仕事が向いています。

  • 絵本作家
  • 雑誌の編集者
  • コピーライター
  • 作詞家

言語抽象タイプの適職

文字や文章を図式化して考える言語抽象タイプは、視覚情報に変換して理解・記憶します。ノートをきれいにまとめるのも上手で、人に説明することも得意です。

下記のような、分かりやすく人に何かを伝える仕事が向いています。

  • 作家
  • 教師
  • 心理学者
  • 内科系医師
  • 金融関係者

聴覚言語タイプの適職

耳から取り入れた文章や言葉を音として情報処理する聴覚言語タイプの人は、難しい話でも一度聞くと理解できる耳の良さを持っています。

下記のように、耳で聞いて理解・表現をする力が求められる仕事が適職です。

  • 弁護士
  • 教師
  • 落語家
  • アナウンサー

聴覚&音タイプ

音色や音階といった音をそのまま理解できる聴覚&音タイプの人は、絶対音感を持っています。聞いた音を同じ音程で再現できたり、メロディーをすぐに覚えたりと特別な能力を持っているので、音楽にまつわる業種がおすすめです

誰にでも簡単にできることではないので、この才能を活かした下記のような仕事がぴったりでしょう。

  • 音楽家(楽器演奏・声楽・指揮者・作曲家など)
  • 音楽の指導者

適職を知ろう!認知特性の診断方法

自分に適した職業を知るためには、まずは認知特性の診断をしてみましょう。

医学博士・医師の本田真美氏が作った「本田40式認知特性テスト診断ツール」を活用することで容易に判断が可能です。10分で終わる40問のテスト形式の診断で、自身がどの認知特性の傾向があるのか分かります。

認知特性は生まれた時からの素質であるため、大人になってからの経験や努力の成果として身につけた力ではなく、幼い頃の様子を思い浮かべて判断してみてください。自分の強み・弱みは認知特性が関連していることを実感できるでしょう。

認知特性を知るメリット

認知特性はすべての人に生まれた時から備わっている性質にもかかわらず、多くの人はその特性を理解することなく生活をしているでしょう。

自分の認知特性を意識して生活することで、今まで不得意で避けていたことが改善されたり、気づかなかった得意を発見できたりと多くの利点があります。

認知特性を知ることのメリットは具体的に下記の2点です。

  • 物事の説明が通じやすくなる
  • 適職を見つけやすくなる

認知特性を活用する一例として参考にしてみてください。

物事の説明が通じやすくなる

話が思うように伝わらないのは、聞き手が自分とは異なる方法で物事を理解しているからです。手の特性を見極めて話ができれば内容が伝わりやすくなり、互いのストレスを軽減できます。

同様に、自分がどうしても相手の話を理解できなければ、認知特性に合わせた説明方法をお願いすることも可能です。仕事・子育てなどあらゆる人間関係の改善に活かすことができるでしょう。

適職を見つけやすくなる

生まれながら備わっている認知特性を知ることで、自分に合った仕事を見つけやすくなります。特性を参考にして仕事を探すことで、気づいていなかった向いている分野に出逢えるかもしれません。

また、早いうちに得意分野に力を入れることで将来の可能性が広がることも期待できます。

どんな仕事に就くべきか迷っている人にとっては、人生の方向性を決めるために認知特性は大きな手がかりになるでしょう。

まとめ:認知特性に合った仕事で才能を開花させよう!

今回の記事では、認知特性の特徴を活かせる職業を紹介しました。認知特性の働きにより、人には得意・不得意が生まれた時から備わっています。

転職・就職で悩んでいる際は、その得意を武器として仕事ができる場所を選択するのも賢い選択です。また特性を認識すれば、ゴールへ向かう取り組み方を工夫することもできます。

もちろん苦手分野であっても努力を継続することで上達させることは可能ですが、もともとの認知特性は変わることはないと言われています。自分に与えられた特性の傾向を知ることからスタートし、才能を活かせる職業にチャレンジしてみてください。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ