0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu

【認知特性】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法!効率の良い学習で成績UP

「何度繰り返しても覚えられない」「友達よりも勉強しているのに成績が悪い」「自分は頭が良くないのかも」などと学習面での悩みは誰にでもつきまとうものです。

そのような時は、これまでの勉強法を見直すことをおすすめします。効率的に学習を進めるために役に立つのが認知特性を活かした方法です。

今回は、三次元映像(3D)タイプに焦点を当てておすすめの勉強方法を説明します。教科別に紹介するので学生の方はぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ

 

 

認知特性とは

認知特性とは、五感から得たさまざまな情報を記憶し頭の中で整理・理解する能力のことです。視覚優位・言語優位・聴覚優位の大きく3つある特性から、さらに細かく次の6つのタイプに分類されます。

  • 【視覚優位】写真(カメラアイ)タイプ
  • 【視覚優位】三次元映像(3D)タイプ
  • 【言語優位】言語映像(ファンタジー)タイプ
  • 【言語優位】言語抽象(辞書)タイプ
  • 【聴覚優位】聴覚言語(ラジオ)タイプ
  • 【聴覚優位】聴覚&音(サウンド)タイプ

認知特性は人間に生まれつき備わっている特質ですが、一つが突出している人もいれば複数の特性を合わせ持っているバランス型のタイプもいます。

どの特性の傾向が強いのか知れると自分が力を発揮しやすい分野が分かるので、強みを活かして学業・仕事に取り組むことが可能です。また、人間関係のコミュニケーションにも活用できます。

三次元映像(3D)タイプの特徴

三次元映像(3D)タイプの人は、空間や時系列を用いて三次元で思考・記憶をしています。空間認知能力に長けていて物事を立体的にして考える傾向があり、人の顔を正確に覚えること・地図を読むことが得意です。

また、断片的な平面画像ではなく連続性のある映像で理解していくので、他のものと関連付けて物事を覚えていきます。

【教科別】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

三次元映像(3D)タイプの人がどの教科においても共通して重視したいのが、視覚優位の特徴を活かせるように目から情報を入れるようにすることです

三次元映像(3D)タイプの人は長期記憶が苦手ですが、何度も繰り返しインプットすることで補うことができます。周辺にあったものや状況から連鎖的に思い出すことが可能であるため、覚えたいものと他のつながりを考えて反復して記憶することが必要でしょう。

三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強法について教科ごとに見ていきましょう

【英語】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

英語の学習は、授業を聞いただけ・教科書を読むだけでは三次元映像タイプの人にとっては難しいかもしれません。下記で単語・文法・長文読解に分けておすすめの勉強法を説明します。

【単語の覚え方】

  • 場面ごとに覚える(家庭・学校・買い物・運動)
  • 関連する単語をまとめた表を作って暗記する
  • 何度も書いて覚える 
  • フラッシュカードを活用する

【文法の覚え方】

  • 文法をまとめた表を作って暗記する
  • 文法を含めて一文として使う場面と一緒に覚える
  • フラッシュカードを活用する

【長文読解の方法】

  • 長文を区切りながら短くして読む
  • 文型を細かく理解して読み進める

三次元映像タイプの人には、英語を理解する時に何もイメージしないでむやみに暗記する方法は向いていません

逆に効果的なのが、洋画などストーリー性のある映像を取り入れた学習法です。単語や文法をある程度理解した上で動画を見ると、実際に使用する場面が想像できるので効率良く勉強ができるでしょう。

【数学】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

三次元映像タイプの人は空間認知能力に長けているため、数学の学習の際には下記の方法がおすすめです。

  • 図形や表、グラフにして整理してから答えを求める
  • 回答までの求め方を丸暗記する
  • 同じ問題集を何度も解く

違う問題集を何冊も解くよりは、同じ問題を繰り返した方が理解が定着します。表や図形にできない公式などはそのまま丸暗記しましょう。

【国語】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

三次元映像タイプの人は全体的に国語が苦手な人が多いですが、必要なことを繰り返し暗記することで成績の向上が期待できます。

下記が国語のおすすめの勉強法です。

  • 漢字・熟語を書いて覚える
  • フラッシュカードを活用する
  • 長文は接続詞を意識して短くして読む

文章の読み書き・読解力が求められる国語は、三次元タイプの人が得意としない分野です。フラッシュカードを活用してイメージと一緒に覚えたり、根気強く繰り返して記憶に定着させましょう

【理科】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

生物・科学・物理・地学と科目の多い理科ですが、文章だけの説明は表やグラフで整理して、具体的にイメージしやすくしてから学習しましょう。

下記が理科のおすすめの勉強法です。

  • 単元ごとにまとめ、繰り返し見直す
  • 表や図ににまとめる
  • 動画の活用(現象を解説する動画を見る)
  • 絵に描いて覚える

実験や科学現象などは、映像で学べる教材を利用することでスムーズに理解できるでしょう。

【社会】三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法

三次元映像タイプの人は長期記憶が苦手な傾向があります。社会は暗記項目が多いので、他の分野同様に何度も繰り返して覚えることが重要です。

歴史・地理・公民に分けておすすめの勉強法を紹介します。

【歴史】

  • 年号は、その年にあったことや活躍した人物などを合わせて暗記する
  • 年号表を作成する
  • 歴史の漫画を読む
  • 人物ごと・年代ごとにまとめる

【地理】

  • 単元をまとめて繰り返し見直す
  • 統計・データは表にして理解する
  • 動画を活用する

【公民】

  • フラッシュカードの活用
  • 単元をまとめ繰り返し見直す
  • 人物ごと・年代ごとにまとめる

漫画や動画など、ストーリー上になっている教材を利用して学習することで特性を活かすことができます

三次元映像(3D)タイプの将来は?適職は立体的な認識が必要な仕事

 

三次元映像(3D)タイプの人は、その特性から立体的な認識が必要な仕事が向いています。具体的には下記のような職業です。

  • 建築家
  • パイロット
  • 外科医
  • 機械技術職
  • 舞台制作者
  • テレビカメラマン

もともと備わっている特性があるので、上記のような業界ではスムーズに力をつけて成長することが期待できます。

ただし、上記の仕事以外では活躍できないというわけではありません。目標に向かうまでの過程で特性を活かせることも覚えておきましょう。

まとめ:特性にあった勉強方法で効果的な学習をしよう!

今回は、三次元映像(3D)タイプにおすすめの勉強方法について解説しました。

特性に合っていない方法で学習をしても、思うように結果が伴わず成果が出るまでに時間がかかることが予想されます。また、間違った方法で取り組むことで、次第に自信をなくし勉強に対する意欲も失いかねません。

強みを活かすことができれば、少ない労力で成果を上げて自信をつけることにもつながります。

誰にでも得意・不得意があるのが普通です。自分の認知特性を把握し、適した手段を用いて勉強することで効率良く成績UPをしましょう。



この記事を読んだ方で、お子さまの学習について下記の様なお悩みを持っている方はいませんか?

  • 「集中が続かない…」
  • 「同じミスを繰り返す…」
  • 「何回勉強しても覚えられない…」

無学年方式を採用したすららなら、お子さまの「特性に合わせた学習法」で勉強のお悩みを解消します!

【すらら学習はここがスゴイ!】

  • 科目の得意、不得意の差が激しくても科目ごとに最短カリキュラムをご提案
  • ゲーム感覚で楽しめる学習方で、どんなお子さまでもやる気UP
  • 学校授業に追いつくための、最短カリキュラムもご用意
  • すららコーチから専門のアドバイスでサポートを実施

すららでは現在、期間限定で“特別”無料体験を実施しております。ぜひこの機会にすららを体験して、学習の分かりやすさ、楽しさを体験してみてください!

すららの”特別”無料体験はコチラ