0120-441-370 受付時間 平日 10:00-19:00
menu

【放課後等デイサービスの教材の選び方】学習支援のあり方やおすすめの学習教材をご紹介

放課後等デイサービスは、平成24年に児童福祉法に位置づけられた新たな支援です。まだまだ新しいサービスであるため支援内容は様々であり、具体的にどのような教材を用いれば良いかわからない方も多いでしょう。

そこで当記事では、放課後等デイサービスの役割とともに学習支援のあり方やおすすめの教材について解説していきます。放課後等デイサービスの学習支援について悩んでいる方はぜひ参考にしてください。



この記事を読む方で、放課後等デイサービスの運営・経営において 下記のようなお悩みはございませんか?

  • 「近隣に競合施設が多く、生徒確保が難しい」
  • 「離職率が高い・指導員の確保が難しい」
  • 「学習支援は行いたいが、宿題の対応しかできない」
  • 「職員が不足している時間帯の児童支援が難しい」

すららネットでは上記問題を解決するためのセミナーを“期間限定”で開催中です。

放課後等デイサービスの競争に勝ち残る経営者セミナーとして、 『学習支援』を武器に<選ばれる放デイ経営>を目指してみませんか? セミナー参加者限定で”学習教材「オンライン学習すらら」を2週間”無料”で利用できる体験IDもプレゼントしています!

すららネットのセミナー・資料請求はコチラ

放課後等デイサービスの役割

はじめに、放課後等デイサービスの役割について確認していきましょう。厚生労働省の「放課後等デイサービスガイドライン」によると、放課後等デイサービスには下記の3つの役割があることがわかります。

【放課後等デイサービスの役割】

  • 子どもの最善の利益の保障
  • 共生社会の実現に向けた後方支援
  • 保護者支援

それぞれの役割を詳しく見ていきます。

①子どもの最善の利益の保障

1点目にあげられる役割は、子どもの最善の利益の保障です。放課後等デイサービスでは、障がいのある6歳から18歳までの就学児童に対して、生活能力の向上に必要な訓練・支援をおこなう必要があります。

子どもが学校や家族以外のコミュニティに所属することで、「空間」「時間」「人」「体験」を通して健全な育成を図ることを目的としています。

②共生社会の実現に向けた後方支援

放課後等デイサービスでは、子どもを集団の中で育てる姿勢を重視しています。これは、子どもの地域社会への参加・包容を進めることが目的です。必要に応じて放課後児童クラブや児童館との連携・バックアップをすることもあります。

さらに、一般の子育て支援施策を利用する子どもに対しても訪問支援を実施するなど、障がい児支援専門機関としての動きも期待されています。

③保護者支援

放課後等デイサービスでは、障がいのある子どものみではなく保護者の支援もおこないます。具体的な支援内容については、厚生労働省の「放課後等デイサービスガイドライン」の一部を抜粋したので、以下を参考にしてください。

  • 子育ての悩みなどに対する相談をおこなうこと
  • 家庭内での養育等について、ペアレント・トレーニングなどを活用しながら子どもの育ちを支える力をつけられるよう支援すること
  • 保護者の時間を保障するために、ケアを一時的に代行する支援をおこなうこと

上記からもわかるように、子育てに関する相談・支援方法の教授・ケアの代行も仕事の一部です。これにより保護者は子どもと向き合う自信やゆとりが回復し、発達に好ましい影響を与えるとされています。

放課後等デイサービスには学習支援も求められている

放課後等デイサービスは、子どもの最善の利益の保障・共生社会の実現に向けた後方支援・保護者のサポートをおこなっていく仕事ですが、その役割・支援内容には学習支援も含まれています。具体的な学習支援の内容を以下のとおりです。

【放課後等デイサービスの学習支援の内容】

  • 学校教育の補完的支援
  • 学校で作成された教育支援計画に沿った支援

上記からもわかるように、放課後等デイサービスでは学校と連携した個別の学習支援が求められています

しかし、支援内容が学習塾と同様になっていまい、学習支援のみをおこなうだけでは子どもに最善とは言えません。子どもが興味のあることや楽しいと思えることを取り入れながら、発達状況や特性に合わせた学習支援をおこなう必要があります。

放課後等デイサービスの学習支援のあり方

放課後等デイサービスの学習支援について、どのように取り組めば良いか悩んでしまう支援者は決して少なくはありません。まずは一度学習支援のあり方を見つめ直してみましょう。

放課後等デイサービスの学習支援では、塾のように勉強のみに特化する必要はありません。学習塾のように反復した勉強をおこなうと、子どもに苦手意識を植え付けてしまう可能性があります。苦手意識から学習への意欲を削いでしまうのは何よりも避けたいことです。

そのため、無理に学力向上のために取り組むのではなく、一人一人の特性や性格などに合った学習支援が必要と言えます。

放課後等デイサービスの教材の選び方

それでは、放課後等デイサービスに求められている教材はどのようなものなのか解説していきましょう。様々な障がいを抱える子どもがいる放課後等デイサービスでは、教材を選ぶ際に以下のポイントを押さえる必要があります。

【放課後等デイサービスに適した教材選びのポイント】

  • 子どものレベルに合った学習ができるものを選ぶ
  • ゲームのように楽しみながら取り組めるものを選ぶ
  • 子どもの学習状況が把握できるものを選ぶ

選び方のポイントをそれぞれ詳しく確認していきましょう。

子どものレベルに合った学習ができるものを選ぶ

1点目のポイントは、子どものレベルに合わせた学習ができる教材を選ぶことです。当然ですが、子どもがつまずいている単元は一人一人で異なります。また、同じ単元でもつまずいている原因が異なることが多いです。

そのため、学年に囚われずにつまずいている箇所までさかのぼって学習できる教材が適しています。苦手な単元を一つずつ克服できれば、その後の課題にも積極的に取り組めるようになるでしょう。

ゲームのように楽しみながら取り組めるものを選ぶ

次にあげられるポイントは、ゲームのように楽しみながら取り組める教材を選ぶことです。

学習支援が上手くいかない代表例として「詰め込み型の学習」があげられます。詰め込み型の学習は、苦手分野を反復して何度も何度も学習することが特徴です。このような方法では、「勉強が楽しくない」「勉強はつらいもの」「自分は勉強ができない」などのマイナスイメージを払拭できません

ゲーム感覚で学べる教材であれば、子どもが勉強に対して苦手意識を持つ可能性を減らせます。さらに、飽きずに取り組めるので成功体験を得やすいです。

子どもの学習状況が把握できるものを選ぶ

適切な学習支援をおこなうためには、学習状況が把握できる教材である必要があります。進捗を管理できない教材では子どもの苦手分野を把握できず、的確なサポートができません

学習の進度を把握することで子どもの苦手・得意な部分がわかり、その後の学習支援に活かすことができます。また、「この計算が得意なんだね」「漢字の読みをもう少し頑張ってみよう」など、勉強に関するコミュニケーションを取ることも可能です。

放課後等デイサービスの教材には「すらら」がおすすめ!

ここまでは、放課後等デイサービスにおすすめの学習教材の選び方について解説してきました。学習支援を効果的におこなうためには、一人一人のレベルに合わせてゲーム感覚で取り組める教材でなければいけません。

進捗状況を把握しながら子どもに合った学習を提供したい方には「すらら」がおすすめです。すららは、国数英理社の5教科に対応した無学年式オンライン教材。

経済産業省の「未来の教室 実証事業」にも採用されており、学校や塾などをはじめとした教育の現場を含め、40万人以上の方が利用しています。下記にすららが選ばれる理由をまとめたのでぜひ参考にしてください。

【すららが選ばれる理由】

  • 子どもの学力に合わせて学習ができる「無学年方式」を採用
  • 勉強をゲーム感覚ではじめられる「ゲーミフィケーション教材」
  • 現役の塾講師を中心とした「学習設計サポート」が受けられる

上記のように、従来の学習方法とは異なった仕組みを採用しているすららでは、「勉強が苦手」の負のスパイラルを断ち切れます。また、すららの継続率は89.1%(2019年1月〜2020年3月の期間ですららを3ヶ月以上継続している生徒の割合)で、学習習慣が身についていることが伺えるでしょう。

効果的な学習支援をおこないたい方や、何から支援すれば良いのかわからない方は、ぜひ無学年方式オンライン教材のすららを利用してみてください。

まとめ:放課後等デイサービスの教材は「一人一人のレベルに合わせてゲーム感覚で取り組めるもの」がおすすめ

当記事では、放課後等デイサービスの学習支援のあり方や適切な教材の選び方を解説しました。放課後等デイサービスには、「子どもの最善の利益の保障」「共生社会の実現に向けた後方支援」「保護者支援」のほかに学習支援も求められています。

塾のような学習に特化した支援では、子どもに苦手意識を植え付けてしまう可能性があります。学習への意欲を削いでしまわないためにも、子ども一人一人のレベルに合わせた楽しめる学習支援が必要です

すららでは、子どものレベルに沿った学習を可能としています。ゲーム感覚で苦手意識を持たずに学習ができるので、勉強嫌いの子どもでも取り組みやすいでしょう。ぜひ、放課後等デイサービスの学習支援にすららを検討してみてください。



この記事を読んだ方で、放課後等デイサービスの運営・経営において 下記のようなお悩みはございませんか?

  • 「近隣に競合施設が多く、生徒確保が難しい」
  • 「離職率が高い・指導員の確保が難しい」
  • 「学習支援は行いたいが、宿題の対応しかできない」
  • 「職員が不足している時間帯の児童支援が難しい」

すららネットでは上記問題を解決するためのセミナーを“期間限定”で開催中です。

放課後等デイサービスの競争に勝ち残る経営者セミナーとして、 『学習支援』を武器に<選ばれる放デイ経営>を目指してみませんか? セミナー参加者限定で”学習教材「オンライン学習すらら」を2週間”無料”で利用できる体験IDもプレゼントしています!

すららネットのセミナー・資料請求はコチラ